04-2902-6377

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週水曜日

西武ハウジング(株) > 西武ハウジング株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 家の購入手段として検討したい「ペアローン」のメリット・デメリットとは?

家の購入手段として検討したい「ペアローン」のメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|不動産売却でオープンハウスを実施するメリット・デメリットとは?   記事一覧   気付かれずに不動産売却するためには?売却手段と期間の目安|次へ ≫

家の購入手段として検討したい「ペアローン」のメリット・デメリットとは?

家の購入手段として検討したい「ペアローン」のメリット・デメリットとは?

家を購入する際には、住宅ローンを利用する方がほとんどです。
しかし、年齢や収入によっては1人の力では希望どおりの金額を借り入れられなかったり、審査が通らなかったりすることもあるでしょう。
そのような場合に選択肢のひとつとして検討したいのが、ペアローンです。
ここでは、ペアローンとはどのような仕組みなのか、メリット・デメリットについても解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家の購入で利用できる「ペアローン」の特徴とは?

ペアローンとは、一定の収入がある同居家族と一緒に、お互いの収入を合算してローンを組む方法をいいます。
しかし、親子リレーローンとは異なり、ペアローンではそれぞれが独立してローンを借り入れるため、借入額や月々の返済額はそれぞれが個別に設定することができます。
お互いが団体信用生命保険に加入して、お互いの連帯保証人となる仕組みです。

「ペアローン」を利用して家を購入するメリット

ペアローンは、費用面で大きなメリットがあります。
まず、2人分の収入を合算できることで、1人よりも借入可能額を増額することが可能です。
それによって、より希望に近い住宅を購入できる可能性が高まるでしょう。
また、一定の条件を満たしていれば、夫婦それぞれに住宅ローン控除が適用されるため、通常よりも2倍の控除を受けられることもメリットです。
同様に、売却時にも2人に3,000万円特別控除が適用されます。
このように、2人の力を合わせることで、控除をフルに活用しながら理想的な家を得られるメリットがあります。

「ペアローン」を利用して家を購入するデメリット

ペアローンを利用する際に注意したいのは、返済のリスクです。
借り入れ当時の収入が安定するとは限らないほか、万が一離婚となってしまった場合には、権利関係の調整など手間や労力がかかります。
また、ペアローンはそれぞれが独立してローンを組むことになるため、事務手数料や登記費用などの諸費用が2倍かかる点にも注意しましょう。
そのほか、団体信用生命保険にそれぞれが加入しますが、どちらかが亡くなってしまった場合でも免責されるのは1人分だという点も気を付けなければなりません。
このように、借り入れ時とは異なる事態に陥った場合の返済リスクを念頭に置いておく必要があります。

まとめ

ペアローンとは、同居家族2人分の収入を合算して、それぞれが独立してローンを契約する方法です。
借入可能額が増えるほか、特別控除がそれぞれに適用されるメリットがある一方で、将来的な返済リスクも視野に入れて検討しましょう。
私たち西武ハウジングは、所沢市の新築戸建てなどの物件を中心に取り扱っております。
お客様のご希望にピッタリの不動産情報をご納得していただくまでお探し致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却でオープンハウスを実施するメリット・デメリットとは?   記事一覧   気付かれずに不動産売却するためには?売却手段と期間の目安|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

仲介手数料が無料の理由