04-2902-6377

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週水曜日

西武ハウジング(株) > 西武ハウジング株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 和室と和室を洋室にリフォームするメリットとデメリットは?費用もご紹介

和室と和室を洋室にリフォームするメリットとデメリットは?費用もご紹介

≪ 前へ|庭のある一戸建てのメリット・デメリットとは?庭の活用方法もご紹介!   記事一覧   事故物件を売却するまえに知っておくべき知識とは?|次へ ≫

和室と和室を洋室にリフォームするメリットとデメリットは?費用もご紹介

和室と和室を洋室にリフォームするメリットとデメリットは?費用もご紹介

バリアフリーにしたかったり、掃除しやすくしたいなら和室から洋室にすると生活しやすくなります。
今回は、和室と和室それぞれのメリットとデメリット、和室から洋室にするリフォームにかかる費用と施工期間についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

和室と洋室のそれぞれのメリット

それぞれのメリットについてご紹介します。

和室のメリット

畳の香りはリラックス効果があり、い草の香りに癒されます。
来客のある際は、布団を敷くことができるので対応しやすいです。
和室は、居間にも寝室にもなる汎用性と機能性があります。

洋室のメリット

洋室なら部屋をバリアフリーにできます。
飲み物をこぼしたり、床が汚れたときもフローリングだと拭き取るだけで簡単に掃除ができます。
インテリアにこだわる方は、洋室のほうがコーディネートがしやすいです。
そして、クローゼットに服や物を収納しやすくなります。

和室と洋室のそれぞれのデメリット

それぞれのデメリットについてご紹介します。

和室のデメリット

畳や障子、ふすまなどは傷みやすいところがデメリットになります。
窓に関しては、カーテンやブラインドだと落ちやすくなるので、よく固定しておく必要があります。
収納面に関しては、クローゼットのようにハンガーをかけることができないので、服などの収納は押し入れのほうがしづらいです。

洋室のデメリット

フローリングは足元が寒く感じます。
冷え性の方は、足元が寒いのはつらいところです。
防音効果は和室のほうがあるので、洋室だと足音なども響きやすく、生活音に気をつけないといけません。

和室を洋室にリフォームする費用や施工期間

和室を洋室にリフォームする費用や施工期間についてご紹介します。

和室を洋室にリフォームする費用

畳からフローリングにするリフォーム費用は「20~30万円」ほどです。
壁や天井のクロスをリフォームする場合は「10~20万円」ほどです。
和室のドアを洋室にリフォームする場合は「8~15万円」ほどでしょう。
和室の部屋をすべて洋室にリフォームする場合は「55~100万円」ほどかかる場合もあります。

和室を洋室にする施工期間

和室6畳のリフォームで約2~3日かかると言われています。
和室から洋室にリフォームする場合は、3~4日の期間はかかると考えましょう。
広さや設備によって日数は異なるので、気になった方はまずは見積もりをしてみましょう。

まとめ

畳の香りで癒されることと、居間にも寝室にもできるのが和室のメリットです。
ただ、畳や障子、ふすまに傷がつきやすいデメリットがあります。
バリアフリーにできたり、インテリアにこだわる方は洋室の方が向いているでしょう。
和室は生活スタイルに合わせて、リフォームやリノベーションを検討するとよいでしょう。
私たち西武ハウジングは、所沢市の新築戸建てなどの物件を中心に取り扱っております。
お客様のご希望にピッタリの不動産情報をご納得していただくまでお探し致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|庭のある一戸建てのメリット・デメリットとは?庭の活用方法もご紹介!   記事一覧   事故物件を売却するまえに知っておくべき知識とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

仲介手数料が無料の理由