04-2902-6377

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週水曜日

西武ハウジング(株) > 西武ハウジング株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却でオープンハウスを実施するメリット・デメリットとは?

不動産売却でオープンハウスを実施するメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|不動産買取と売却の違いとは?買主や成約スピードの違いについてご紹介!   記事一覧   家の購入手段として検討したい「ペアローン」のメリット・デメリットとは?|次へ ≫

不動産売却でオープンハウスを実施するメリット・デメリットとは?

不動産売却でオープンハウスを実施するメリット・デメリットとは?

家を売ろうとしても、なかなか買い手が現れず売れないことも珍しくありません。
「転勤などで引っ越さなければならない」「売却したお金を買い替えの資金にしたい」など、早く売りたい理由があるときは焦ってしまう方もいらっしゃるでしょう。
そういったときは「オープンハウス」という方法があります。
今回は、有効な不動産売却手段の1つであるオープンハウスについてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却に有効!オープンハウスとは?

オープンハウスは、不動産売却の方法の1つで、売りたい物件を開放して自由に内覧してもらうというものです。
売りたい物件がマンションの場合はオープンルームと呼ばれることもあります。
誰でも自由に中に入って内覧できるかわりに、売主もしくは不動産会社のスタッフなどが常駐していなければなりません。
見学客が来やすい土日や祝日に開催するのが一般的ですが、売却を急ぎたい場合は平日におこなっても良いでしょう。
できるだけ多くの方に見学に来てもらうためには、チラシや不動産会社のHPなどで事前の告知をおこなうことが大切です。

不動産売却でオープンハウスをおこなうメリットとは?

一般的な内覧ですと、一度に内覧できるのは1組だけです。
しかし、オープンハウスであれば一度に複数のグループに内覧してもらえます。
物件を「良いな」と思っている内覧客が、ほかの内覧客が購入の意志を見せているところを発見したら、焦って自分も購入の意志があることを表明してくることもあります。
内覧客どうしで競争意識のようなものが芽生えれば、その結果成約率も上がると考えられ、早期売却も可能になるでしょう。
購入希望者にも焦りがあるため無理な値引きを要求される可能性が低く、希望価格での売却も夢ではありません。
成約に至らなくても、内覧者にアンケートを取れば、その物件のどこに問題があるのかを炙り出せるというメリットもあります。
告知しても内覧客が集まらない場合は、価格設定に問題があるのかもしれません。

不動産売却でオープンハウスをおこなうデメリットとは?

オープンハウスは不特定多数の方がたくさん集まります。
とくにマンションでおこなうときは苦情が入る可能性もあるので、近隣住民への事前の挨拶は欠かさないようにしましょう。
ただし、周囲に知られてしまうと、興味本位で近所の方が見学に来るおそれもあります。
無事に売却できて引っ越してしまえばそこまで気にならないかもしれませんが、この点はデメリットと言って良いでしょう。
そうでなくても、誰でも入れるのを良いことに、ただの興味本位で冷やかしに来るような内覧客も来てしまうのは、気持ちの良いものではありません。
しかし、内覧客を集めるためには積極的な告知が必要ですので、ある程度は致し方ないと言えます。

まとめ

不動産売却をスムーズに進めたい場合は、オープンハウスという方法もおすすめです。
多くの内覧客に来てもらうことで競争が生まれれば、成約率がアップし希望価格で売却できるかもしれません。
ただし、近所の方に知られて見学に来られてしまうというデメリットもあるのでご注意ください。
私たち西武ハウジングは、所沢市の新築戸建てなどの物件を中心に取り扱っております。
お客様のご希望にピッタリの不動産情報をご納得していただくまでお探し致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産買取と売却の違いとは?買主や成約スピードの違いについてご紹介!   記事一覧   家の購入手段として検討したい「ペアローン」のメリット・デメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

仲介手数料が無料の理由