04-2902-6377

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週水曜日

西武ハウジング(株) > 西武ハウジング株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 転勤になってしまったときのマイホーム活用方法の選択肢をご紹介

転勤になってしまったときのマイホーム活用方法の選択肢をご紹介

≪ 前へ|注文住宅を建てたい方必見!住宅の建築にまつわる3つの儀式とは?   記事一覧   お庭にドッグランを作ろう!DIYのポイントをご紹介|次へ ≫

転勤になってしまったときのマイホーム活用方法の選択肢をご紹介

転勤になってしまったときのマイホーム活用方法の選択肢をご紹介

マイホームは人生の中でも大きな買い物と言われています。
しかし購入後、転勤によって生活が変わった場合、家を売却するのか、単身赴任か、賃貸物件として貸し出すかなど検討しなければなりません。
そこで今回、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

転勤でマイホームを売却する選択肢のメリットとデメリット

マイホームの売却には、固定資産税などの維持費がかからなくなるメリットがあります。
ほかにもローン残高を上回る売却価格が付いた場合には、転居費用などの捻出ができ、貯金に手を付けずに済む可能性があります。
一方デメリットは、ローン残高を下回る売却価格が付いた場合には、残債を支払わなければならない点です。
またマイホームの売却には購入時と同じく諸費用が発生することや、転勤から戻ってきたときにお部屋探しをする手間がかかることもデメリットです。
マイホームの売却を選択する場合は、今後転勤から戻ってくるか、売却しない場合の維持費などを考慮しましょう。

転勤でマイホームを賃貸物件として貸し出す選択肢のメリットとデメリット

転勤を機に空き家となるマイホームを賃貸物件として貸し出すことを選択する方もいます。
そのメリットには、清掃やお庭の手入れなどの管理が必要ないこと、建物の老朽化を防げること、家賃収入を得られることが挙げられます。
一方デメリットは、賃貸物件として貸し出す際には賃貸借契約を交わすため、家主の転勤期間が変更になった場合に柔軟に対応しにくいことです。
賃貸借契約には、入居時に借主と貸主が決めた期間のみ借りられる定期借家契約と2年契約の賃貸借契約があります。
通常は転勤期間の予定に合わせて定期借家契約を結びますが、想定よりも早く転勤から戻ったとしても契約を途中で終了することはできないのです。
ほかにも近隣トラブルや家賃滞納のリスク、退去後のリフォームや修繕管理費用がかかることもデメリットです。
転勤を理由に賃貸物件としてマイホームを貸し出す際には、家賃収入だけでなく、修繕費や家賃滞納などリスクを考慮して検討しましょう。

転勤で家族をマイホームに残して単身赴任する選択肢のメリットとデメリット

転勤を機に家族をマイホームに残し、自分のみが単身赴任することを選択する方もいます。
主なメリットは、子どもがいる場合に転校しなくてもよい点です。
ほかにも住宅ローン控除が継続して受けられることもメリットです。
一方で、住宅ローンと転勤先での家賃を2重に支払う必要がある点はデメリットとなります。
勤め先の家賃補助の有無とその金額によって経済的負担が変わるため、事前に確認しましょう。

まとめ

転勤時の選択肢には、売却・賃貸・単身赴任がありますが、それぞれのメリットとデメリットを把握したうえで検討しましょう。
売却では売却価格と残債のバランス、賃貸物件にするなら転勤が早期に終わる可能性がないか、単身赴任の場合はマイホームを維持できるかを考慮する必要があります。
転勤になり、家をどうするのかお悩みの方は、ぜひご相談ください。
私たち西武ハウジングは、所沢市の新築戸建てなどの物件を中心に取り扱っております。
お客様のご希望にピッタリの不動産情報をご納得していただくまでお探し致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

西武ハウジングへの問い合わせはこちら


西武ハウジング メディア 担当ライター

西武ハウジング(株)では、所沢市の西武線沿線周辺を中心に物件情報を取り扱っております。所沢市を中心とした西武線沿線周辺でお住まいをお探しの方に有益な情報をお届けするため、不動産情報を中心に記事をご提供します。


≪ 前へ|注文住宅を建てたい方必見!住宅の建築にまつわる3つの儀式とは?   記事一覧   お庭にドッグランを作ろう!DIYのポイントをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


トップへ戻る

仲介手数料が無料の理由