04-2902-6377

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週水曜日

西武ハウジング(株) > 西武ハウジング株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 建売住宅は建築前に契約できる?契約の流れとメリット・デメリットを解説

建売住宅は建築前に契約できる?契約の流れとメリット・デメリットを解説

≪ 前へ|新築一戸建てにはどんな種類がある?購入する際の流れや注意点について解説   記事一覧   土地の地盤調査とは?調査の種類やかかる費用についてご紹介|次へ ≫

建売住宅は建築前に契約できる?契約の流れとメリット・デメリットを解説

建売住宅は建築前に契約できる?契約の流れとメリット・デメリットを解説

建売住宅はすでに完成しているものを購入するのが一般的ですが、果たして建築前の契約は可能なのでしょうか。
もし、それが可能であれば、注文住宅のように完成までのプロセスを楽しんだり、自分の好みに変更したりできます。
そこで今回は、建売住宅を建築前に契約ができるのか、契約の流れやメリットを解説します。

西武ハウジングへの問い合わせはこちら


建売住宅を建築前に契約する際の流れ

建築前の建売住宅を購入できるかというと、建築確認を取得した物件であれば、建築前や建築中でも契約を結ぶことが可能です。
ポータルサイトなどに掲載されている物件は、そのほとんどが建築確認を取得していると捉えて問題ありません。
建築前の建売住宅を購入するときの売買契約の流れは、購入の申し込みから始まります。
購入の申し込みのあとで売買契約を結び、手付金を支払うのもこのときです。
そこから建物の建築が始まり、完成したら竣工検査をおこなって、建物が契約どおりに建てられているか、品質に問題がないかを買主がチェックします。
竣工検査は引渡しの前に必ずおこなう必要がありますが、買主が要望しないと竣工検査をおこなわない売主もいるのでご注意ください。
建売住宅を建築前に契約する際の注意点としては、あくまで建売住宅であるため、注文住宅のような柔軟な対応は期待できないことが挙げられます。
また、建築の途中で設計上は問題のない軽微な変更がおこなわれる可能性があることも、注意点のひとつです。

▼この記事も読まれています
魅力ある海沿いの家の購入!デメリットやどのような方に向いているかを解説!

建売住宅を建築前に契約するメリット・デメリット

建売住宅を建築前に契約するメリットは、気に入った条件の区画を確実に購入できることです。
たとえば、区画内で高額なのは角地で、逆に定額なのは旗竿地ですが、高い区画か安い区画かのどちらかから売れていきます。
そして、早く売れる区画のほとんどが、未完成の段階で買主が決まっているのです。
施工状況を逐一確認できることから得られる安心も、メリットのひとつとして挙げられます。
完成したあとの建売住宅では、屋根裏がつぎはぎだらけであったり、基礎部分にゴミを捨てられたりなどのトラブルを防げません。
さらに、建築中の建売住宅であれば引渡しの日程も前もってわかるため、時間をロスすることなくスムーズな引っ越しが可能です。
一方、購入した時点では、完成した物件を見られないというデメリットもあります。
建売住宅は完成後に販売促進のために値下げされることが多いですが、建築前の場合はその値下げを受けられないこともデメリットです。

▼この記事も読まれています
一戸建てを購入したらホームパーティーをしよう!おすすめの間取りは?

まとめ

建売住宅は完成後に契約するのが一般的ですが、建築前でも契約できます。
購入の申し込みから契約の締結と手付金の支払い、完成後の竣工検査までが主な流れです。
気に入った条件の区画を購入できたり、施工状況を確認できたりするというメリットがあります。
私たち西武ハウジングは、所沢市の新築戸建てなどの物件を中心に取り扱っております。
お客様のご希望にピッタリの不動産情報をご納得していただくまでお探し致しますので、お気軽にお問い合わせください。

西武ハウジングへの問い合わせはこちら


西武ハウジングの写真

西武ハウジング メディア 担当ライター

西武ハウジング(株)では、所沢市の西武線沿線周辺を中心に物件情報を取り扱っております。所沢市を中心とした西武線沿線周辺でお住まいをお探しの方に有益な情報をお届けするため、不動産情報を中心に記事をご提供します。


≪ 前へ|新築一戸建てにはどんな種類がある?購入する際の流れや注意点について解説   記事一覧   土地の地盤調査とは?調査の種類やかかる費用についてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


トップへ戻る

仲介手数料が無料の理由