04-2902-6377

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週水曜日

西武ハウジング(株) > 西武ハウジング株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 住み替えを同じ不動産会社に依頼するメリット・デメリットとは

住み替えを同じ不動産会社に依頼するメリット・デメリットとは

≪ 前へ|マイホームの買い替えのタイミングや買い換えのメリットなどをご紹介   記事一覧   間取り変更で部屋を増やす方法とは?費用相場や注意点もセットでご紹介!|次へ ≫

住み替えを同じ不動産会社に依頼するメリット・デメリットとは

住み替えを同じ不動産会社に依頼するメリット・デメリットとは

家の住み替えでは、自宅の売却と購入をしますが、手続きを同じ不動産会社に依頼したほうが良いのか迷う方も多いのではないでしょうか。
この記事では、住み替えを同じ不動産に依頼するメリットやデメリット、同じ不動産会社に依頼しなくても良いケースについてご説明します。

西武ハウジングへの問い合わせはこちら


住み替えを同じ不動産会社に依頼するメリット

住み替えを検討している場合、売却と購入のタイミングを合わせなければいけません。
そのため、同じ不動産会社に依頼すれば、連絡も一か所で済むため効率よく手続きを進めることができます。
また、売却と購入の際にはそれぞれに物件価格×3%+6万の仲介手数料が発生しますが、出費はなるべく抑えたいでしょう。
本来、仲介手数料とは売却で得られる手数料のみを想定しているので同じ不動産会社に依頼すると購入分の手数料は値引きできる可能性もあります。
同じ不動産会社に依頼すると交渉もしやすく効率も良いため、多くのメリットが挙げられます。

▼この記事も読まれています
新築一戸建てに必要な登記の種類とその費用は?

住み替えを同じ不動産会社に依頼するデメリット

住み替えを同じ不動産会社に依頼するデメリットとしては、不動産会社によって得意・不得意とするエリアが存在する点です。
多くの不動産は地域密着型で営業をしている場合が多く、近くで住み替えをおこなうのであれば、とくに問題はありません。
しかし、遠くに引っ越す場合は、売却と購入のエリアが異なるためその地での実績が少なかったり離れた土地の情報が少なかったりするデメリットが挙げられます。
そのため、売却・購入するそれぞれのエリアの不動産会社へ依頼したほうがいいでしょう。

▼この記事も読まれています
リノベーション物件を購入するメリットや注意点をご紹介

住み替えを同じ不動産会社に依頼しなくても良いケースは?

住み替える時期が空いている場合は同じ不動産会社に依頼しなくても問題ありません。
引っ越しから売却の時期があいている場合や、仮住まいに住んで旧居を売却する場合などは購入と売却のタイミングを合わせる必要がないため問題ありません。
逆に買取保証をつけるケースなどでは、購入と売却のどちらも同じ不動産会社に依頼したほうがスムーズに手続きなどをおこなうことができるでしょう。

▼この記事も読まれています
家の購入で加入する災害保険!火災保険や地震保険の必要性とは?

まとめ

手続きがスムーズにおこなえるよう、同じ不動産会社に依頼したほうが効率良く進められます。
しかし、購入と売却の土地が離れている場合はそれぞれの土地に詳しい不動産会社に依頼したほうが良いようです。
住み替えは決めることが多いため、メリット・デメリットを把握して効率よく進めていきましょう。
所沢市の西武線沿線付近で仲介手数料無料の新築戸建てをお探しなら西武ハウジング(株)がサポートいたします。
お客様のご希望にピッタリの不動産情報をご納得していただくまでお探し致しますので、お気軽にお問い合わせください。

西武ハウジングへの問い合わせはこちら


西武ハウジングの写真

西武ハウジング メディア 担当ライター

西武ハウジング(株)では、所沢市の西武線沿線周辺を中心に物件情報を取り扱っております。所沢市を中心とした西武線沿線周辺でお住まいをお探しの方に有益な情報をお届けするため、不動産情報を中心に記事をご提供します。


≪ 前へ|マイホームの買い替えのタイミングや買い換えのメリットなどをご紹介   記事一覧   間取り変更で部屋を増やす方法とは?費用相場や注意点もセットでご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


トップへ戻る

仲介手数料が無料の理由