04-2902-6377

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週水曜日

西武ハウジング(株) > 西武ハウジング株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の抵当権とは?ローン残債があっても売却する方法と注意点

不動産の抵当権とは?ローン残債があっても売却する方法と注意点

≪ 前へ|角部屋のマンションが人気の理由とは?売却時のポイントも解説!   記事一覧   不動産売却における造成地について解説!資産価値への影響とは|次へ ≫

不動産の抵当権とは?ローン残債があっても売却する方法と注意点

不動産の抵当権とは?ローン残債があっても売却する方法と注意点

不動産を購入する際、住宅ローン(以下ローン)を組む方が多いでしょう。
しかし、仕事の転勤や家族構成など環境の変化で、途中で購入した不動産を手放す場合もあるのではないでしょうか。
そこで、本記事ではローンを組むときの抵当権や抹消する方法、さらにローン残債がある状態で売却する際の注意点についてもご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却で気になるローン残債と抵当権について

抵当権とは?

抵当権とは、万が一、ローンの返済ができなくなった場合などに家を担保としておくためのものです。
病気や怪我をして、仕事が休業した際などにはローンの支払いが難しくなります。
そんなときに、購入した不動産を競売にかけ、落札された金額をローン残債にあてることが抵当権です。

抵当権を抹消する方法

抵当権を抹消する方法は、ローン完済後に法務局へ申請することです。
抵当権抹消登記申請書などを準備し、法務局へ申請しましょう。
抵当権が設定されていると、完済をしたとしても残債が残っていると判断されます。
したがってローン残債を完済をした後には、抵当権を抹消することをおすすめします。

ローン残債のある状態でも不動産売却する方法とは?

ローンの残債があったとしても、不動産を売却することは可能です。
こちらでは、ローン残債がある状態で売却する流れや方法をご紹介します。

査定

ローン残債が残った状態で不動産を売却する第一の目的は、ローン完済です。
そこでまずは、不動産を売却した際の値段がいくらなのか不動産会社に査定してもらうなどして、売却価格を確認する必要があります。

一括返済できるのか確認

売却価格から、ローン残債との差を確認します。
売却金額が大きいアンダーローンの場合でも、ローンの一括返済に必要な繰り上げ返済手数料については考慮しておきましょう。

不動産を売却後にローン残債を支払う

ローン残債を支払い完済した場合は、残債がない証として抵当権を抹消しておきます。

ローン残債があり不動産を売却するときの注意点とは

不動産を売却するときは、以下の2点が注意点として挙げられます。

先行

先行とは、「売り先行」「買い先行」があります。
今住んでいる不動産を売却した後に、新たな不動産を購入するのが売り先行で、買い先行はその逆です。
売り先行の場合、先に不動産を売却するため、資金計画が立てやすくなります。

築年数

戸建てにしろ、マンションにしろ、築年数の経過にともない、売却の相場が減少しやすい傾向にあります。
高く不動産を売却したい場合、築年数が経過する前に売却することが求められます。

まとめ

今回は、抵当権についてやローン残債があっても不動産売却をする方法をご紹介しました。ローン残債がある状態で不動産売却を望む場合は、不動産会社に相談することが得策です。
ローンの支払いでお悩みの方、不動産売却をご検討中の方は、ぜひ弊社までご連絡ください。
私たち西武ハウジングは、所沢市の新築戸建てなどの物件を中心に取り扱っております。
お客様のご希望にピッタリの不動産情報をご納得していただくまでお探し致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|角部屋のマンションが人気の理由とは?売却時のポイントも解説!   記事一覧   不動産売却における造成地について解説!資産価値への影響とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

仲介手数料が無料の理由