04-2902-6377

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週水曜日

西武ハウジング(株) > 西武ハウジング株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 液状化リスクのある土地を売却する場合の注意点と売却方法を解説!

液状化リスクのある土地を売却する場合の注意点と売却方法を解説!

≪ 前へ|魅力ある海沿いの家の購入!デメリットやどのような方に向いているかを解説!   記事一覧   庭のある一戸建てのメリット・デメリットとは?庭の活用方法もご紹介!|次へ ≫

液状化リスクのある土地を売却する場合の注意点と売却方法を解説!

液状化リスクのある土地を売却する場合の注意点と売却方法を解説!

日本は地震や津波などの災害が多く発生するため、不動産の売買においても災害リスクを重視する傾向があります。
液状化現象も地震によって引き起こされる現象のひとつであり、液状化しやすい土地を売却する際には注意が必要です。
今回は、液状化リスクのある土地を売却する場合の注意点と売却方法を解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

液状化とはどのような現象?

液状化現象とは、地震発生時に地盤が液体のように緩くなる現象です。
液状化は、地下水を含む砂の粒子によって支えられていた地盤に地震の震動がくわわったときに、砂の粒子がバラバラになって地下水に浮いた状態になることで発生します。
液状化が発生すると、地面に亀裂が入る、地下水が吹き出す、地盤沈下が起こるなどの被害をおよぼし、その上に建てられている建物が傾くこともあります。
そのため、液状化リスクのある土地は宅地などを探している買主から敬遠されてしまう可能性があるのです。
液状化は土砂が堆積してできた土地のほか、海や川を埋め立てて造成された土地で発生しやすいとされており、こうした土地は液状化リスクが高いと言えるでしょう。

液状化リスクのある土地を売却するときの注意点

不動産を売却する際、売主は不動産の瑕疵を買主に告知し、瑕疵の内容を売買契約書や重要事項説明書に記載しなければなりません。
売主には契約不適合責任が課されるため、売買契約を結んだあとに告知していない瑕疵が発覚した場合、買主は売主に対して契約解除や損害賠償を請求できます。
売却する土地が過去に液状化したことがある場合は告知事項に該当し、土地の売却前に告知しなければ契約不適合責任を問われるおそれがあるため注意が必要です。
また、液状化リスクのある土地は、売却価格も相場の5割から7割程度に下落する可能性があります。
一方、液状化リスクが高いものの過去に液状化したことはない土地の場合は、告知事項に該当しません。
しかし、売却後のトラブルを予防するために、リスクがあることを説明しておいたほうが良いでしょう。

液状化リスクのある土地を売却する方法は?

過去に液状化を起こした土地でも、売却前に告知すればそのまま売却できます。
ただし、買い手がつきにくく、売却価格が大きく下落するのは覚悟しておく必要があるでしょう。
売却価格を下げずに売却したい場合は、売却前に地盤改良工事をおこなうのがおすすめです。
地盤改良工事にはさまざまな工法があり、費用は100万円〜1,000万円、工期も1〜5週間程度と大きな幅があります。
不動産会社や建設会社と相談し、土地の特性や予算に合った工法をえらびましょう。
改良工事をおこなうことで、相場価格と同等の価格で売却できます。

まとめ

液状化リスクのある土地を売却する場合の注意点と売却方法を解説しました。
過去に液状化を起こした土地は告知義務があるため注意しましょう。
売却価格を下げずに売却したい場合は、売却前に地盤改良工事をおこなうことをおすすめします。
私たち西武ハウジングは、所沢市の新築戸建てなどの物件を中心に取り扱っております。
お客様のご希望にピッタリの不動産情報をご納得していただくまでお探し致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|魅力ある海沿いの家の購入!デメリットやどのような方に向いているかを解説!   記事一覧   庭のある一戸建てのメリット・デメリットとは?庭の活用方法もご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

仲介手数料が無料の理由