04-2902-6377

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週水曜日

西武ハウジング(株) > 西武ハウジング株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却にかかわる税金とは?譲渡所得税や控除制度について知ろう

不動産売却にかかわる税金とは?譲渡所得税や控除制度について知ろう

≪ 前へ|所沢市で不動産売却をお考えの方へ!仲介手数料の相場と計算方法   記事一覧   所沢市の子育て支援や給付金事情をご紹介|次へ ≫

不動産売却にかかわる税金とは?譲渡所得税や控除制度について知ろう

不動産売却にかかわる税金とは?譲渡所得税や控除制度について知ろう

不動産を売却して利益を得ると、その売却益に対しても税金がかかります。
特に税額が大きくなってしまうのが「譲渡所得税」です。
これから不動産売却を考えているという方であれば、売却の際にかかる税金を少しでも抑えられるよう知識をつけておきましょう。
そこで今回は、税金の種類や譲渡所得税とは何なのかについて、また税額や控除制度についてもご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時に課される税金の種類とは?ポイントは「譲渡所得税」

不動産売却にかかわる税金にはいくつかの種類がありますが、売却の際に必ず課税されるのが「税金印紙税」と「登録免許税」。

売却益が出た場合にのみ課税されるのが「譲渡所得税」「住民税」「復興特別所得税」となっています。

これらは、売却する不動産が「一戸建て」「マンション」「土地のみ」のどれであっても基本的に課税内容は変わりません。
そのなかでも「譲渡所得税」は高額になることが多く、売り主にとって負担の大きい税金です。
譲渡所得とは、不動産の売却によって得られた売却益のこと。
つまり、先ほども触れたように、譲渡所得税はあくまで不動産を売却して売却益(譲渡所得)が出た場合にのみ発生するということもしっかり覚えておきましょう。

不動産売却で「譲渡所得税」が発生したら特別控除を検討しよう!

譲渡所得の算出方法は、譲渡価格から、取得費や譲渡にかかった費用を引いたものになります。
言い換えると、不動産の売却で得た金額から、不動産を購入して売却するまでに必要になった費用を差し引いた金額です。
つまり、もし2,000万円で不動産を売却できたとしても、その不動産の購入費や売却時の諸費用などに2,000万以上がかかっていた場合、売却益は「ゼロ」になり譲渡所得税が課されることはありません。
もし売却益が出た場合には、「3,000万円の特別控除」を検討してみましょう。
これは、売却する不動産がマイホームであることなど一定の要件に該当すれば、譲渡所得から3,000万円を控除できるというものです。
この「3,000万円の特別控除」が適用されれば、譲渡所得が3,000万円以内であれば課税されることはありません。
ただし、「3,000万円の特別控除」を利用すると、次のマイホームを購入する時に住宅ローン控除が受けられなくなるので注意してください。
また、譲渡所得税の税率は売却不動産の所有年数によって異なり、所有期間が5年以下であれば税率30.63%、5年を超えていれば15.315%と大きな差が出てくることも念頭に入れておきましょう。

おすすめ物件情報|所沢市の物件一覧

まとめ

大きなお金が動く不動産売却では、それに伴う税金の額も高額になりがちです。
そのため、どのような節税対策があるのかをきちんと把握しておくことが重要になってきます。
大切な不動産の売却で後悔することのないよう、慎重に進めてくださいね。
私たち西武ハウジングは、所沢市の新築戸建てなどの物件を中心に取り扱っております。
お客様のご希望にピッタリの不動産情報をご納得していただくまでお探し致しますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|所沢市で不動産売却をお考えの方へ!仲介手数料の相場と計算方法   記事一覧   所沢市の子育て支援や給付金事情をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

仲介手数料が無料の理由