04-2902-6377

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
毎週水曜日

西武ハウジング(株) > 西武ハウジング株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却の際におこなう住宅診断とは?実施するメリットと注意点!

不動産売却の際におこなう住宅診断とは?実施するメリットと注意点!

≪ 前へ|土地や住宅などの不動産を売却するときの流れや注意点とは?   記事一覧   不動産の売却が長期化した際のデメリットとは?対処法とあわせて解説|次へ ≫

不動産売却の際におこなう住宅診断とは?実施するメリットと注意点!

不動産売却の際におこなう住宅診断とは?実施するメリットと注意点!

不動産を売却する前には住宅診断をおこなうと売却したい住宅の劣化状態や欠陥の有無を確認でき、安心な取引につながります。
今回は住宅診断についてまだよく知らないという方のために、そのメリットや注意点、住宅診断に必要な書類や費用もまとめますのでぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却前におこなう住宅診断とは?

不動産売却前におこなう住宅診断とは、ホームインスペクションといわれることもあるものです。
住宅診断は、住宅診断士などの資格を有する住宅のプロが第三者の立場から住宅の劣化状態や欠陥の有無を診断するものです。
住宅診断をするタイミングは不動産会社と媒介契約をしたあと、かつ売却活動をする前になります。
ちなみに不動産会社との媒介契約の際には、不動産会社が住宅診断について説明することが義務付けられています。
実際に住宅診断をするかどうかは売主が決められるものの、取引後にトラブルが発生することを避けたいならおこなっておくのがおすすめです。
住宅診断のための費用の相場は7万円ほどで、どこをどう検査するかによって金額は変わります。

不動産売却前に住宅診断するメリット!

診断費用をかけてでも不動産の住宅診断をするメリットは、住宅診断をして物件に劣化が少なく欠陥がないことがわかれば、物件の価値を高められる点です。
売主にとっては高値で売却できる可能性が高まり、買主は安心して購入できる判断材料となるので、双方のメリットになります。
また、売却後のトラブル防止になるのも利点です。
中古住宅では引き渡し後に、売主も気がつかなかった不具合が見つかり、トラブルになるケースは少なくありません。
住宅診断で修繕が必要な箇所がわかれば売却前に修繕するか、買主に修繕が必要なことを伝えてそのまま売却するかを選べます。

不動産売却のためにおこなう住宅診断の注意点!

不動産の売却前に住宅診断する注意点は、3つあります。
1つは住宅診断には、費用がかかる点です。
基本的なものだと5~7万円とさほど高額というわけではありませんが現金で支払わなければいけません。
2つめは、瑕疵担保責任保険のための検査とは内容が異なる点です。
新築住宅を販売する業者が受ける瑕疵担保責任保険というもののためにおこなわれる検査はここでいう中古住宅のための住宅診断とは内容が異なります。
実のところ個人の売主には関係のないものですが、覚えておくと良いかもしれません。
3つめは、住宅診断をすると売却までに時間がかかるケースがある点です。
住宅診断をするためには、各種設備図や配置図、地盤調査報告書など必要資料を揃えなければいけません。
住宅診断で不具合などが見つかり修繕することになれば、さらに時間がかかるでしょう。

まとめ

以上、不動産売却前におこなう住宅診断について紹介しました。
住宅診断には注意点はあるものの、売却後のトラブルを未然に防止するためにおこなっておくのがおすすめです。
不明点はぜひ相談していただき、住宅診断とともにスムーズな不動産売却ができるようにしていきましょう。
私たち西武ハウジングは、所沢市の新築戸建てなどの物件を中心に取り扱っております。
お客様のご希望にピッタリの不動産情報をご納得していただくまでお探し致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|土地や住宅などの不動産を売却するときの流れや注意点とは?   記事一覧   不動産の売却が長期化した際のデメリットとは?対処法とあわせて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


【仲介手数料無料】狭山市堀兼1期全1棟 狭山市の新築住宅なら西武ハウジング

【仲介手数料無料】狭山市堀兼1期全1棟 狭山市の新築住宅なら西武ハウジングの画像

価格
4,290万円
種別
新築一戸建
住所
埼玉県狭山市大字堀兼字大河内2370-5
交通
新所沢駅
バス18分 雪見ヶ原 停歩5分

トップへ戻る

仲介手数料が無料の理由